オフィスの壁に、一枚のポスターを貼っています。
尊敬する経営者の先輩にいただいたものです。

それは、NYにあるデザイン会社HOLSTEE社のマニフェスト。
“THIS IS YOUR LIFE.”
という一文から始まります。

他の誰でもない、自分の人生を精一杯生きようというメッセージ。
ベンチャー企業のマニフェストが国を超えて共感を呼んだようで、私もふとしたきっかけでこのことばに出会いました。

あなた自身やあなたの会社のマニフェストは、どんなことばですか?

これまでに勤めた会社にも、いわゆる「社訓」や「理念」がありました。
実は、あんまり覚えていないんですけどね。
私が自分で立ち上げた会社にも、ミッションはあります。

“THIS IS YOUR LIFE.”
このことばに出会ってから、自分にとっても自分の会社にとっても大切なことばになっています。
従来掲げていたミッションに加えて、より具体的な、生きる指針のようなものとして、毎日オフィスに貼られたポスターを見ています。

This is your life

気がつくと、自分で自分を枠にはめたり、限界を定めたり……。
繰り返し繰り返し振り返らないと、どうしてもそうしてしまうようなのです。
だから、毎日読みます。
私は、私の人生を生きているか?
確認するのです。

ホルスティー社のマニフェスト

綴られている英文は、シンプルで中学生でも理解できそうなもの。
平易なことばが並びますが、これらを実践するのって実はとても難しい気がしています。

日本語訳だと、以下の訳が今のところ一番しっくりきています。

これはあなたの人生です。
自分の好きなことをやりなさい。そして、どんどんやりなさい。
何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。
人生をかけて愛する人を探してるなら、それもやめなさい。
その人は、あなたが好きなことを始めたときにあらわれます。
考えすぎるのをやめなさい、人生はシンプルです。
すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。
新しいことや人々との出会いに、心を、腕を、
そしてハートを開きなさい。
私たちは、お互いの違いで結びついているのです。
自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい、
そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。
たくさん旅をしなさい。
道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。
ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。
人生とは、あなたが出会う人々であり、
その人たちとあなたが作るもの。
だから、待っていないで作りはじめなさい。
人生は短い。
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

The Holstee Manifesto 日本語訳

自分の人生、自分の夢を生きる難しさ

気がつくと、自分で自分を枠にはめたり、限界を定めたりすると書きました。
起業していて、一見自由に生きているように見えても、
“私なんかに、そんなことできるわけがない。”
“自分の意見を主張して、人とぶつかるのはいやだ。”
そんな風に葛藤していることが、多々あります。

このマニフェストを読むと、人生を難しくしているのは自分であることに気が付かされます。
本当はとてもシンプルなのに、いろんなことを考えすぎてどんどん自分の影響の範囲を狭めているんですよね。
待っていても、守っていても、何も起きないのに。

人生は短い。
たとえ100年生きるとしても、長い人間の歴史からしたら一瞬です。
何度でも思い返して、他でもない自分の人生を、自分でデザインして生きたい。
そんな風に思わせてくれた、素敵なことばです。

終わりに

HOLSTEE社が作成した動画がありました。
出演しているのは、社員さん達だそうです。

文字のみバージョンもありました。
こっちもいいなー。

ポスターは、HOLSTEE社のサイトで購入することができます。
ポスター以外にも色々商品がありましたよ。

マニフェストも売り物になるレベルに持っていくって、すごい!