鎌倉で、お散歩フォトを楽しもう!

鎌倉大好きな友人のおかげで、年に何回か訪れる街。
前回は、食について書きました。
今回は、お散歩編です。

鎌倉の炭

カメラ好きな友人たちと、撮影しながらの移動はいわゆる「お散歩フォト」みたい。
友人の1歳半のお子さんと一緒だったこともあり、のんびりと歩きました。

スポットが点在している鎌倉は、訪れるととにかく「歩く」街。
実際、山歩きできるルートなんかもあって人気のようです。
今の所、街歩きを何度か楽しんでいます。山も行きたいなー。

点在しているとはいえ、歩いて回れるレベル。
疲れたら江ノ電に乗るもよし!
おしゃれなカフェ、雑貨屋さん、家具屋さん。不動産屋さんまでおしゃれでした。

鎌倉雑貨店

梅咲く長谷寺から、由比ガ浜を望む

長谷寺の梅
長谷寺といえば紫陽花で有名ですが、今の時期は梅や木瓜が綺麗に咲いています。
しかも、空いています。
お参りするもよし、写真を撮るもよし、写経をするよし。

長谷寺門前

お寺の入り口外にあるトイレがとても綺麗で、立ち寄るにはおすすめです。
友人はおむつ換えに利用していました。

境内には、こんな可愛らしい三人組のお地蔵さんがあちらこちらにいらっしゃいます。
良縁を結んでくださるようです。

長谷寺のお地蔵様

境内を上へ上へと登っていき、一番高いところまで行くと、由比ヶ浜と鎌倉の街が一望できる景色に出会えます。
冷たい空気も、ちょっとした山登りのおかげで心地よく、広々とした空と海に気持ちがふわっと軽くなる時間。

長谷寺から由比ガ浜を望む

普段はなんだかんだめまぐるしく時間が過ぎていきます。
こうやって視界が広がる場所で、背伸びしたり深呼吸したりするのは、体と心にとっても効きますね。

鎌倉の最強スポット!?出世運、仕事運アップの佐助稲荷神社

お茶休憩を挟んだ後、鎌倉駅へのぶらぶら道すがら、友人が看板を見て
「佐助稲荷行きたい!」
と一言。
無知な私は、佐助稲荷を知らなかったのですが、神社は大好き。
鎌倉由比ガ浜郵便局のあたりで、早速進路を佐助稲荷へ変更。

長谷寺から直接向かえば、徒歩でおおよそ20分程度。
途中で進路変更した私たちは、鎌倉税務署を経由して向かったので30分は歩いたでしょうか?

鎌倉散歩

途中、素敵な民家やカフェを横目に歩きます。
季節柄、辺りに漂う沈丁花の香りに癒されました。

鎌倉THEBANK
こちらも、いつか立ち寄ってみたいなと思ったお店です。

たどり着いた佐助稲荷神社の入り口に圧倒。
幻想的ですね!
鳥居の一つ一つに、寄付された方の名前が刻まれています。
ここからは、不思議と空気が変わったような気がしました。

鎌倉佐助稲荷神社入口
俗世とは、ちょっと違うところに行くんだな。
そんな気がしました。

いつからここにいらっしゃるんだろう。
長い時間を見てきたような、狐様がいらっしゃいました。

佐助稲荷の狐様

所狭しと並べられた狐様。荘厳な空気が漂っています。

佐助稲荷の狐様たち

ここは、パワースポットなんだな。自然にわかりました。
帰宅してから調べてみてびっくり。
鎌倉最強の開運スポットと書かれているサイトが幾つかありました。
それも納得の空気!

山を降りてみると、すっかり夕方。
足早に駅に向かい、それぞれの家路へ。

1日弱の日帰り鎌倉散歩。
充実していました。
まだまだ行きたいところがたくさんあるので、人ごみを少しでも避けて、平日にお散歩しにきます。