熱海のゲストハウス「MARUYA」に行ってきました

ある日友人が、SNSで「行きたい!」とリンクを貼ってつぶやいているのを発見。
それは、熱海駅近くにあるゲストハウスでした。

リンク先の記事にあったおしゃれな外観の建物、そこに込められた思い。
これまで「ゲストハウス」というものに泊まったことがなかったのですが、ぐいぐいと引き込まれました。
そのゲストハウスは、熱海駅から15分ほど歩いた熱海銀座商店街に2015年にオープンした「MARUYA(マルヤ)」さんです。

MARUYAさんのウェブサイトより

guest house MARUYA のテーマは、「泊まると熱海がくせになる」。 ゲストとまちの人、まちの暮らしをつなぐ役割を果たす場所です。 ここに泊まり、地元の人や他のゲストと一緒にまちを歩く。 向かいのカフェで地元の人と語らい、とっておきの情報をもらう。 今まで知らなかった、まちのつかいかたがここにあります。 MARUYA を出る頃には、きっと熱海が「もうひとつの日常」になる。 まずはちょっと、熱海につかってみませんか。

気になる!
熱海は、もちろん行ったことがあるけれど、なんとなく伊豆に行く前に通り過ぎる街、のようなイメージだったのです。
“くせになる熱海” “とっておきの情報” “まちのつかいかた” 、言葉が染み込んできて、興味が止まらなくなりました。

ゲストハウス初体験の私にとって相部屋はハードルが高いけれど、MARUYAさんは個室もあるし、それ以外もカプセルタイプの小部屋らしく、プライバシーは保たれるようです。
ちょうど静岡に行く予定もあったし、では、ついでに寄ってみよう! と、あれよあれよと言う間に決まりました。
今回は、友人が3人で泊まれる個室を予約してくれました。

フォトジェニックで、どこかあたたかい空間に包まれる


フロントあたりはこんな感じ。

熱海MARUYAフロント
木の温もりがたまりません。
肌寒い日だったのですが、中はとってもあたたか。
それは、暖房だけのせいではなく、雰囲気全体が醸し出すあたたかさな気がしました。

これは、このゲストハウスがDIYで作られたことに関係するのかもしれません。
みんなで作り上げた空間だから、こんなに包み込まれる感じがするのかな。

熱海マルヤ共有スペース
中に入ると、広々とした共有スペースが。
いろんな形のテーブル、椅子、ソファがあります。
ロフトにはハンモックまでありました。

WIFIや電源ももちろん完備、ゆったり本を読んだり、お仕事したりと思い思いの過ごし方ができます。

夜はここで、3人でPCに向かって仕事をしました。
3人とも起業していまして、いつ、どこで仕事をするか、自由です。
この日は昼間遊んだ分、夜仕事をしました。
こういうスペースがあるのは、ありがたいです!

また、こちらでスタッフさんとお話しすることもできました。
MARUYAが出来た経緯や思いを、直接聞かせていただきました。
故郷の商店街が寂れていくのが悲しくて、なんとかしたくて作ったゲストハウス。
そこに理念があるから、こうして愛されているんだろうな。
深い話が初対面でもできるのも、この空間が作り出す雰囲気のおかげかもしれません。

熱海まるやキッチン
共有スペースには、キッチンもあります。
立派なキッチン!
こちらで自炊もできますし、コーヒーやお茶など飲みものも置いてあり、自由に飲むことができます。

お部屋は、プライバシーを守りながら泊まれます

ゲストハウスというと、相部屋が主流のようです。
バックパックの旅の経験はない。人と接するのは好きだけれど、プライバシーも守りたい。
MARUYAはそんな私にもぴったりのゲストハウスでした。

熱海まるやお部屋
お部屋のあるエリアはこんな感じ。
奥に洗面所とシャワールームもあります。

3人まで泊まることのできるロフトの個室、カプセル型の個室はシングルとツインがあります。
鍵もかかるし、コンセントもあるし!カプセル型とはいえ、中は結構広々していました。

熱海まるや世界地図

宿泊エリアに入ると、大きな世界地図がありました。
どこから来たか、マグネットを置いていくようです。
世界中からゲストが訪れていることが、わかります。

朝ごはんは熱海の干物を堪能

熱海の干物
綺麗な、綺麗な干物。
商店街にはいくつか干物を売るお店があります。
朝、開店したら買いに行って、MARUYAの入り口にあるおしゃれなグリルで焼きます。

干物を焼くグリル
焼き加減は魚によっても異なるので、干物屋さんで教わるのがおすすめ。

ご飯とお味噌汁はあらかじめ予約しておくと、キッチンに用意しておいてくれます。
300円です。

熱海まるやで朝ごはん
日本の朝ごはんの完成♪
納豆やおひたしなんかも用意すればよかったな。
次回はリベンジします。

みかんの自動販売機、おすすめです

熱海みかんの自販機

MARUYAから出て右にある角には、みかんの自動販売機がありました。
スタッフさんが教えてくれました。

安くて、たくさん入ったみかんや金柑。
家族へのお土産にみかんを購入してみました。
種のあるみかん、甘くておいしかったです!
旅の記念に、おともに。ぜひ立ち寄りたい自動販売機です(笑)

ゲストハウスの魅力を教えてもらいました

ゲストハウス初体験がMARUYAさんでよかったです!
あたたかい雰囲気も、出来た経緯を知ると納得。

これまで旅といえばホテルに宿泊することがほとんでしたが、土地の人の思いが詰まったこんなゲストハウスに泊まるのも素敵ですね。
訪れた土地に知り合いができたら、また行きたくなります。
日本中にそんなつながりのある場所ができたら、と想像するとワクワクします。

ゲストハウスの魅力を教えてくれたMARUYA、熱海が、また遊びに行きたい街になりました。